子供のアレルギー皮膚採取

あなたは「治験ボランティア」という言葉を聞いて、どのようなイメージを思い浮かべますか?
「開発段階の不完全な薬を投与されて、なんだか危険な印象を受ける」
「お金がもらえるのは嬉しいけど、自分の体を実験台にされるのはちょっと抵抗がある」
などなど、どちらかというとネガティブなイメージを抱いている方が多いのではないでしょうか。
確かに治験ボランティアは、開発段階の薬の有効性や安全性を確かめるために募集されます。あらかじめ動物に投与して安全性は確認されているものの、やっぱり不安な気持ちは取り除けませんよね。
しかし、実際に治験ボランティアに参加した人の声では、圧倒的に「また機会があれば参加したい」という声が多いのです。
そんな声の中に、子供のアレルギー皮膚採取の治験ボランティアに参加した人がいました。1歳ということでかなり心配だったようですが、看護師さんたちがとても優しく、オムツ替えや授乳もスムーズ。外出はまだ不慣れでしたが、なんのトラブルもなく終えられたそうです。1歳児は体が弱いですから、冷房対策にバスタオルが用意されている徹底ぶり。
この体験談から、危険と思われがちな治験ボランティアは、かなり安全が考慮されたものだということがわかりますね。
治験ボランティアの求人の中には、ロールパンモニターや乾燥肌のシートマスクなど、変り種もたくさん。それで謝礼も受け取れるので、気になる治験ボランティアがあったらぜひ、参加されてみてはいかがでしょう。