仕事でのストレスの限界を知ることが大切

職場では、強いストレスを受けながら、日常の作業をこなしていることはよくあります。自分の手には負えないような仕事を任されたり、休日を返上して働かなくてはならなかったり、性格の合わない人と仕事をすることもあります。ストレスの高い職場で働いている時に、ストレスを感じにくい人、ストレスに耐性がない人、ストレス解消がうまい人などがいます。避けることの出来ないストレスと上手に付き合っていくためには、自らのストレスの限界を知っておく必要があります。多大なストレスを受けきれずにいると、体の具合が悪くなったり、メンタルの病になってしまうことがあります。ストレスの限界に達する前に、人は心身に何等かのサインが出てきますので、見逃さないようにしましょう。もうだめだというところまでストレスを貯め込みながら、対策を立てずに我慢を続けていると、こらえきれなくなって、反動が来てしまうでしょう。蓄積されたストレスが、心身にどのように影響を及ぼすかは個人差がありますので、ストレスが原因であることに気づけずに、体を休めるだけということもあります。ストレスが原因で起きる症状には、吐き気、疲れやすさ、やる気の低下、めまい、身体のしびれなどがあり、いずれも働きすぎて疲れたのだろうくらいに思われがちです。自らのストレスの限界とパターンを良く知っておくことがとても大事であり、どんな状況下にあっても無理をしすぎてはいけません。どんなに仕事や家庭のことを頑張りたくても、資本となる心と体の状態が万全でなければ、やりたいことができなくなってしまいます。決して無理をせず、ストレスの限界に近づいていると感じた時には、仕事よりも体を休ませることが大切です。毛穴の開きを治す